健康 = (脳健康+食事+睡眠)+体の柔軟性

睡眠中には脳内から“毒素”が洗い流される:米研究チームがメカニズムを解明

https://science.sciencemag.org/content/366/6465/628
(2020.01.14 TUE 19:00公開論文より)

「脳の老廃物」を除去するには、深い睡眠が必須だった:研究結果

https://wired.jp/2019/03/16/sleep_removes_waste/
(2019.03.16 SAT 18:00公開論文より)

睡眠中に毒素は除去される

ヒトが眠っているとき、脳はいくつかの状態を経験する。浅い眠り、無意識に陥るような深い眠り、そして夢を見やすいレム(急速眼球運動)睡眠。ルイスの研究はノンレム睡眠に注目している。概して夜の早い時間に起きる深い眠りで、記憶保持との関連が知られている。

これに関連して、重要な研究が13年に発表されている。眠っている間に、アルツハイマー病の原因のひとつであるβアミロイドなどの毒素が、脳内から除去されることがわかったのだ。

ルイスは、毒素がどのように除去されるのか、このプロセスがなぜ睡眠時にだけ起きるのかに興味をもった。脳の周囲を循環する水のような液体である脳脊髄液がかかわっているのではないかと、彼女は考えた。しかし、睡眠中の何が特別なのかは見当もつかなかった。そこでルイスは、さまざまな変数を同時に測定する実験を考案した。

実験参加者は、MRI装置のなかで横になって眠るよう指示された。通常の睡眠サイクルを再現するため、実験は深夜0時からスタートした。研究チームは、参加者たちが実験開始後すぐに眠れるように、前夜は夜ふかししておくよう依頼した。

ルイスは参加者に脳波測定キャップをかぶせ、脳の電気活動を可視化した。脳波を見ることで、参加者が睡眠のどの段階にいるのか判別できる。一方、MRIは脳内の血中酸素濃度を測定し、脳脊髄液がどれだけ循環しているかを明らかにする。

「これらの測定指標が重要なはずだと直感していました。それでも睡眠中にどう変化するか、どのような相互の関連があるのかは、わたしたちにも未知の領域でした」と、ルイスは言う。

幅広い年齢層が注目する健康管理

  • 深い睡眠

  • 脳の老廃物の浄化

  • バランスの良い食事

  • 柔軟性を保つ為のストレッチ

医学的効果が実証された、血流改善による細胞の再生力向上と体内コラーゲン細胞の活性化(アンチエージング)とダイエット効果による健康法

わずか1週間に1回15分間を生活や運動に加えるだけ!それだけで約10日間も効果が持続。血管内の内皮細胞が正常に再生するには、個人差もありますが約4週間から8週間。その後の健康維持はとても簡単です。例えは、根の丈夫な植物は元気な状態で維持成長し続けます。人も血管が健康であれば健康状態が維持されます。日本人に一番多い疾患とされる脳梗塞や心筋梗塞の予防ができる医学的に検証された唯一方法をご提供します。

加齢による血管内皮細胞と血流の変化

マインドフルネス健康法

マインドフルネスは、最新の脳科学で実証された心の制御方法です。身体の感覚に意識を集中し、深い呼吸を行うことで、頭の中を空にします。頭を空にすると、物事をシンプルに考えることができ、脳への負担が減ります。実際に、抗ストレス作用があることや集中力が上がることが実験で証明されました。有名なスポーツ選手(イチローやジョコビッチなど)や、大手企業(GoogleやMicrosoftなど)が取り入れていることで、近年注目を集めています。

脳は老化しない...脳トレ健康法

最も驚くべき発見は、脳細胞は老化しないということだ。もっと正確にいうと、決して老化しない可能性がある。「体のほかの細胞は不可避的に老化していきます。というのも、増殖することでDNAにダメージを蓄積させ、ついには細胞死に至るからです。これに対してニューロンは、一度分化するとそのまま残ります」と、ミラノ大学の薬学者・神経生物学者、ミケーラ・マッテオーリは説明する。彼女はラグーザの会議で「科学の未来」の長寿の秘密についてのセッションを取り仕切った。

「その結果、特定の病気が生じなければ、脳は常に若いまま維持することができます」。むしろ年齢とともに、学習のおかげでシナプスの結合は増加する。さらに失われたニューロンを、70〜80歳でも再生することのできる神経幹細胞が存在する(特に、嗅球や海馬において)。「このことは、脳が一生の間中、回復できることを意味します」。

従って体と脳は、老化に関していえば、異なる道を歩んでいる。しかし、ニューロンに長寿の限界は存在するのだろうか? それとも、不死にもなりうるのだろうか? ロッツァーノのウマニタス医療研究所(Istituto Clinico Humanitas)の神経科学プログラムのトップでもあるこの研究者は答える。「しかし、最近の研究が示唆しているように、脳細胞は、これが属している体よりも長く生き延びることができます」。
(TEXT BY DANIELA COPOLLONI より引用)

この研究発表により、ますます脳内環境におけるケアの重要性が、健康寿命に大きく影響していることが理解できます。脳細胞を支えているには血流です。この血流改善は健康、ダイエット、アンチエイジング、健康寿命など、運動の本来のすべての目的を達成させます。血流が悪くなれば脳細胞は機能しなくなると言われてます。
私達は、一般的に運動という手段で血流を改善することに取り組んできましたが、ここ半世紀前から運動よりもっと効果的な方法が医学的に証明され、その方法がたくさん発表されました。従来の運動という方法は、運動好きな方にとっては簡単なことですが、現状では運動が嫌いな方、何かの事情で運動ができない方、ドクターストップがかかってる方など様々です。血管は植物に例えれば根です。
根が元気であれば植物は成長します。血流改善に対して、間接的な運動という手段でだけを用いてきましたが、これからは、医学的に検証された誰もが実施できる新しい取り組みをすすんで提供していきたいと思っています。

医学的効果について

ソフトな運動が世界的に流行した背景として、数々の検証結果から、血流改善効果を認められ、ソフトな運動が評価されるようになり広まり続けています。 その代表的な効果は、以下の効果が確認されています。
・血行促進 (駆血運動法)
・血管健康の促進
・肺活量、呼吸量の増大
・カラオケ呼吸法での心肺機能強化 (水泳と同じ呼吸法運動)
・ダイエット効果
・ストレスに対する抵抗力の増加
・血中コレステロール、血糖値の低下
・腰痛、肩こりの改善

副作用について

ソフトな運動といっても、日常の生活の中で使う筋肉とは異なります。下記の症状が出る場合がございます
体温上昇、ほてり、発汗、疲労感、筋肉痛、食用増進、鼻水など

powered by crayon(クレヨン)